投稿日:2023年8月24日

屋外看板を設置する時のルールを看板製作業者が解説!

こんにちは!
東京都国分寺市に拠点を構え、国分寺市以外の地域(国立市、小平市、小金井市、府中市など)でも活動している有限会社ウイングスです。
弊社は、テナントサインや屋外看板(店舗看板)製作から撤去工事、定期メンテナンスを行う専門業者です。
今回は「屋外看板を設置するときのルール」について解説しようと思います。
解説するルールを知らないと罰則を受ける可能性がありますので、これから看板設置をご検討中の方はご参考くださいませ。

屋外看板設置時のルール


屋外看板は、屋外に設置してあるため、雨風や日光に耐える耐久性が求められます。
その耐久性がどれくらい必要なのか、実は法令や規制に定められています。
では、どのような内容なのかを詳しく説明していきましょう。

屋外広告物条例

都道府県や市町村によって定められた条例で、屋外看板の大きさや形状、色彩、位置などに制限を設けています。
例えば、京都や岡山県の倉敷などの景観維持を最優先としている地域は、看板の高さや使用できる色を厳しく制限しています。
屋外看板を設置する前には、必ず届出を出す必要がありますので、市町村が定める条例を守らないと、看板設置が難しいでしょう。

道路法

道路上に屋外看板を設置する場合は、道路法に基づいて道路管理者の許可を得る必要があります。
この道路法は、道路から一定の距離を保つことや、交通安全や景観に配慮することが求められる内容です。

建築基準法

建物の外壁や屋根に屋外看板を設置する場合は、建築基準法に基づいて建築確認申請が必要です。
建築基準法では、屋外看板が建物の構造や耐震性に影響しないようにすることが求められます。

ルールを遵守しないと?

これらのルールを遵守しないで屋外看板を設置すると、どのような問題が起こるでしょうか?
届出や許可を得ずに屋外看板を設置すると、撤去命令や強制執行などの措置を受ける可能性もあるでしょう。
他にも、屋外看板が交通事故や火災などの原因となった場合は、民事責任や刑事責任を問われる可能性も考えられます。
これらの罰則は、設置した業者ではなく看板を所有している企業が対象となります。
そのため、屋外看板設置をご検討の方は、看板設置に関するルールを熟知している業者に依頼することをおすすめします。

ルールを遵守した屋外看板を設置します


有限会社ウイングスでは、お客様のニーズに合わせて、ルールを遵守した屋外看板をご提案しています。
私たちは、屋外広告業登録通知書を持ち、看板製作専門業者として長年の実績と信頼を築いてきました。
最新の技術だけでなく、伝統的な技術も熟知しております。
デザイン・製作・設置・メンテナンスまで一貫して行っておりますので、看板のことならなんでもお任せください。
看板設置、製作についてのご相談は、お問い合わせページよりお気軽にご相談くださいませ。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。

屋外看板製作・サイン工事は国分寺市の有限会社ウイングス
ただいま求人情報募集中です!
〒185-0031 東京都国分寺市富士本3-1-14
電話:042-502-6000 FAX:042-502-6001


関連記事

8月22日

8月22日

今日から3日間ひたすら現場調査です。 今日は 練馬区 あきる野 上溝 2件 でした。 …

8月24日

8月24日

今日は小平ベルズリペアさんのサイン工事です。 …

オリジナルの屋外看板製作なら、有限会社ウイングスにおまかせ!

オリジナルの屋外看板製作なら、有限会社ウ…

はじめまして! 有限会社ウイングスです。 弊社では、東京都国分寺市を拠点に、オリジナルの屋外看板製作 …